2010年10月04日 スタッフブログ

狂犬病予防接種

狂犬病予防接種

4月になると全国のほとんどの市町村では狂犬病の予防集合注射が行われます。これは狂犬病予防法に基づく行政サービスの一環です。生後90日を越えた犬は1か月以内に市町村への登録が必要で、毎年の狂犬病予防接種が義務付けられています。

 昨年2名の日本人が海外での受傷により帰国後狂犬病を発症の報道は記憶に新しく、犬での発生ではなかったことに胸をなでおろした関係者も少なくなかったに違いありません。

 狂犬病はほとんどの温血動物に垣根なく感染し致死的な恐ろしい病気です。全世界で発生の無い清浄国は日本、オーストラリア、スウェーデンなどごく限られた国で、今現在も多くの国で猛威を振るい、日本への再侵入を虎視眈々と狙っています。

 日本が清浄国になることができた大きな要因は四方を海に囲まれた地の利と予防接種の徹底にありました。しかし、昭和32年以降発生がないことからそのたがが緩み、飼育頭数の増加と相まって未接種犬が増え続けています。狂犬病の犬が日本国内へ侵入した場合、その地域の接種率が80%を超えていないと拡散を防げないといわれており、事は既に憂慮すべき状況に至っています。

国内に狂犬病の犬が侵入したとしましょう。発症した犬は凶暴化し次々と人や他の動物を咬み、感染を拡大します。報告を受けたパトカーや救急車が行き交う中、発生を認めた都道府県知事は直ちにそれを公示し、狂犬病予防法に基づき交通網が遮断され、半径5kmにいる犬には口輪と繋留の命令が出され移動の制限がかかります。全国から狂犬病ワクチンが集められ当該地域の未接種犬に予防員が接種をして回ります。他の地域でのワクチンは枯渇し、ワクチンを求めてパニックになる人、犬を見てパニックになる人、日本中が混乱の渦に巻き込まれていきます。こんな話が仮想の世界で終わるように、愛犬家たるもの狂犬病予防接種の義務は果たしたいものです。


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
覗き見!院内セミナー
猫ちゃんの入院室を覗いてみよう
ノミ、ダニ予防忘れずに!!
わくわくドキドキ☆撮影会
動物の防災を考えよう!
・・・カテゴリー・・・
スタッフブログ
・・・アーカイブ・・・
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分