2010年10月04日 スタッフブログ

動物と共に暮らす

動物と共に暮らす

家庭で飼われている動物たちの診療が本格化したのは昭和50年頃からです。そこには、経済の高度成長や核家族化があり、犬や猫たちを一つ屋根の下で暮らす家族の一員として迎える人が増えたという変化がありました。彼らと共に暮らすことで、人も動物もより健康で幸福な生活を送れることに気づいたのです。

 そこで大切になってくるのが、動物たちを理解するということ。たとえば初めて子犬を家庭に迎えたときのことを考えてみましょう。サークルや寝床、食器やフードもそろえました。もちろんトイレも。子犬は嬉しそうに部屋を歩き回り、それを抱きしめる家族の顔には笑みがこぼれます。ふと目をとめると何かを探しているようなそぶり。あれっと思った瞬間、部屋の真ん中でオシッコ。大変とばかりに騒ぎ立てる子供たち。オシッコに鼻先を押し付けて叱るのがよいと聞いたことがあるぞとお父さん。これはどちらもしてはいけないことなのです。排尿という自然な行為に何の疑問も抱いていない子犬が、大騒ぎをされることで驚き、叱られることで怖がります。結果、オシッコ自体が悪いこと、家族に隠れて済ますものと考えるようになります。決してトイレ以外でしたから叱られたのだと複雑には考えません。子犬には堂々とオシッコする場所を探してもらい、そしてトイレへと誘導してあげてください。成功すれば、思い切り褒めます。排尿の快感と褒めてもらえる嬉しさで、だんだんトイレでオシッコすれば良いのだと分かってきます。失敗したときに叱るのはタブーなのです。「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、褒めてやらねば、人は動かじ。」山本五十六が好んで引用し人材育成の金言となっているこの言葉、そのままトイレのしつけにも当てはまるのですね


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
猫ちゃんの入院室を覗いてみよう
ノミ、ダニ予防忘れずに!!
わくわくドキドキ☆撮影会
動物の防災を考えよう!
初めてのクリスマス会
・・・カテゴリー・・・
スタッフブログ
・・・アーカイブ・・・
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分