2012年08月24日 スタッフブログ

ドライフードも歯垢のもと

ドライフードも歯垢のもと

 犬・猫には、ほとんど虫歯がありません。それはミュータンス菌(虫歯菌)が繁殖しづらい環境が口の中(口腔)にあるからです。そのかわりに、3歳以上の犬・猫の8割以上に歯周病があると言われています。高齢化が今後進めば、歯周病の動物はさらに増える恐れがあります。

 進行した歯周病は歯石の除去だけでなく、ぐらついた歯を抜かなくてはなりません。そうなる前に、積極的な歯科予防が強く望まれます。

 動物の予防歯科は口腔環境の違いから、人の予防歯科の考えをそのまま持ち込むわけにはいきませんが、歯ブラシによるブラッシングが理想なことは同じです。これは物理的にプラーク(歯垢)を破壊する優れた方法で、歯肉の血行を促進し、子犬ではしつけにもなります。

 週に3回のブラッシングで十分といわれていますが、長期間継続するのはなかなか難しいものです。そこで、さまざまなデンタル用品となるのですが、効果が証明されているものは意外と少ないものです。

 ポリリン酸塩配合のトリーツ、アスコルビン酸塩亜鉛含有ジェル、酵素配合デンタルチュウなどがVOHC(米国獣医口腔衛生委員会)で推奨されています。よく誤解されていることに、ドライフードはカリカリかむことで歯垢を落とし、缶詰フードは歯垢をためやすいというイメージがあります。しかし、大規模な疫学調査によって普通のドライフードが歯周病予防に効果があるとは認められませんでした。

 デンタルフードと呼ばれるポリリン酸塩配合のフードや、歯との接触を増やす特殊な繊維構造のフードだけが歯垢や歯石の予防効果を備えているのです。

 ドライフードを与えているからと安心しないで、積極的な予防歯科を考えましょう。自分なら寝る前に歯を磨き、その後でせんべいを食べてしまったら、もう一度歯を磨き直しますものね。硬い食べ物も歯垢のもとなのです。



大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
お気に入りのエリザベスカラーを見つけよう!
覗き見!院内セミナー
猫ちゃんの入院室を覗いてみよう
ノミ、ダニ予防忘れずに!!
わくわくドキドキ☆撮影会
・・・カテゴリー・・・
スタッフブログ
・・・アーカイブ・・・
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分