2013年12月19日 スタッフブログ

毒にもなる人間の食べ物

毒にもなる人間の食べ物

 動物が薬物で中毒を起こす場合、様々な状況が考えられます。草木にまかれた殺虫剤や除草剤などの農薬による中毒。アセビやホオズキに代表される自然毒の摂取。家庭内にある乾燥剤や化粧品、塗料、さらには人の医薬品などの誤食。動物たちの周りには危険がたくさん潜んでいます。本能的に吐き出して事なきを得る場合も少なくはないのですが、中には当たり前のように人が食べているものでも、量的な問題や動物種による体の反応の違いによって命にかかわるものもあるのです。
 つとに知られているのがネギ類です。玉ネギや長ネギに含まれる硫化アリルプロピルは犬猫の赤血球を壊してしまう働きがあります。水に溶けやすく、しかも加熱しても分解しないので、ネギ類はそのスープや汁も与えてはいけません。
 また、チョコレートに含まれるテオブロミンは痙攣や興奮、不整脈を起こさせます。犬の中毒量は体重1キロあたり60〜200ミリグラムと言われていますが、ブラックチョコレートには10グラム当たり40ミリグラム含まれているので、注意が必要です。
 最近人気のキシリトールも、人では虫歯の原因にならず、カロリーも低く、インスリンも分泌させないということでいいことずくめですが、犬ではブドウ糖の6倍の強さでインスリンを分泌させ、大量の摂取で低血糖や低血糖性の痙攣を起こし、肝障害の恐れもあります。ちなみに、キシリトールでインスリンを分泌する動物は犬、牛、ヤギで、分泌しないのは人、猿、馬だということが分かっています。残念ながら猫については不明です。その理由は、動物種によってインスリンの分子構造に多少の差異があり、犬の血液中のインスリン濃度は人と同じ検査で計測できますが、猫では計測できないからなのです。
 違う動物種を理解するというのはとても大変なことです。人にとっては薬でも犬猫にとっては毒というものが、たくさんあることを覚えておいてくださいね。

大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
覗き見!院内セミナー
猫ちゃんの入院室を覗いてみよう
ノミ、ダニ予防忘れずに!!
わくわくドキドキ☆撮影会
動物の防災を考えよう!
・・・カテゴリー・・・
スタッフブログ
・・・アーカイブ・・・
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分