2016年02月01日 スタッフブログ

チョコレート中毒

チョコレート中毒

2016年 年が変わってもう1ヶ月ですね‥
暖冬が一変して日本中が大寒波におおわれ、体調も崩しがちですが
いかがお過ごしでしょうか??
そんな中もうすぐ バレンタイン☆
バレンタインといえばチョコレート!ですね!!

人間にとっては普通に食べられるものであっても、
犬や猫には毒性がある食べ物があります。
チョコレートもその1つです。

ワンちゃんはチョコレートの中のテオブロミンという成分に反応し、
中毒を起こしてしまう可能性があるため要注意です!!

チョコレート中毒の症状として・・・

・興奮、ふるえ
・下痢、嘔吐
・不整脈、ケイレン発作
等があります。

一般的に、犬の体重1kgあたり50mgから100mgのテオブロミンを体内に取り入れてしまうと中毒症状が現れ、250mgから500mgで半数の犬が死に至るといわれています。

例えば、女性が手作りチョコでよく使う「明治ミルクチョコレート」は100gあたり、テオブロミン250 mgが含まれています。
これを換算すると、小型犬の場合板チョコ1枚程度、中型犬は板チョコ7枚程度で中毒量。
男性はよくもらうと思いますが、GODIVAの「ダークチョコレート」はミルクチョコレートの倍以上のテオブロミンを含みますので、そのぶん危険度は高くなります。
要は、より苦い、より濃いチョコレートのほうが危険度が高いということですね。

いくら大好きであっても、ワンちゃんにチョコレートは
あげないようにしてくださいね☆


これはバレンタインにお散歩用のリードと胴輪を
プレゼントしてもらった「こうめ」ちゃんです☆

大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
デンタルセミナー
11月11日はいい獣医の日
楽しもうブラッシング!(^^)!
9月20~26日は動物愛護週間★
お気に入りのエリザベスカラーを見つけよう!
・・・カテゴリー・・・
スタッフブログ
・・・アーカイブ・・・
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分