2019年03月07日 スタッフブログ

動物の防災を考えよう!

動物の防災を考えよう!

こんにちは!皆さんは2011311日に起きた東日本大震災を覚えているでしょうか?

マグニチュード9.0の大きな地震と、その後に訪れた大きな津波が東北地方を襲いました。

この大震災で問題になったのが放浪動物と呼ばれる、震災時に逃げ出してしまった、あるいは置き去りにされた動物たちです。

また一緒に避難できても、避難所で鳴き声や臭いなどのトラブルが多発しました。

このことから動物は同行避難が原則になり、日頃からの備えが重要視されるようになりました。

ここでは簡単にですが、どのような備えが必要なのかご紹介していきます!

 

1.  健康管理をする

狂犬病予防、混合ワクチンの接種、フィラリア予防、ノミマダニ予防

これらの予防をしっかり行うことが大切ですね!

 

2.  動物のしつけをきちんとしておく

狭いクレートでの生活を余儀なくされることがあります。

普段からクレートでのお留守番や無駄吠えをしないなどの基本的なしつけをしておきましょう。また、動物が苦手な方もいらっしゃるので動物をきちんと制御できるようにしておきましょう。

 

3.  動物用の避難用グッズを用意しておく

人と同様に7日分程の水やフード、薬、ペットシーツ、リード、ハーネス、キャリー等は準備しておきましょう。忘れがちですが動物の写真があるとはぐれた時に探すのに便利です。

 

4.  所有者がわかるようにしておく

マイクロチップや鑑札をつけておくことで所有者が明確になります。

 

5.  避難所の確認

自宅から近い避難所をいくつか確認しておきましょう。

ルートや所要時間なども調べておくといいですね!

 

ここでは簡潔に紹介しましたが、詳しくは環境省の災害時におけるペットの救護対策ガイドラインに載っていますので一度ご確認ください!

どんな時も動物と一緒に居れるように一人一人の意識を高められたらと思います!^^


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
お気に入りのエリザベスカラーを見つけよう!
覗き見!院内セミナー
猫ちゃんの入院室を覗いてみよう
ノミ、ダニ予防忘れずに!!
わくわくドキドキ☆撮影会
・・・カテゴリー・・・
スタッフブログ
・・・アーカイブ・・・
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分