こんな症状ないですか?

  • 体重が減少する・・
  • ぐったりして元気がない・・
  • 原因不明の微熱が続く・・
  • 触るとしこりがある・・

寝ている猫

当てはまる症状があれば病気の可能性があります。

犬や人間に比べて、がんの発症は少なくなりますが、発症した場合は重症化する可能性が高いのが特徴です。

症状

がんの原因は人間と同じく解明されていません。
関連性の高いものとして、老化・紫外線・放射線・ウイルス・ホルモン・遺伝などの影響が多いようです。

原因

がんの原因は人間と同じく解明されていません。
関連性の高いものとして、老化・紫外線・放射線・ウイルス・ホルモン・遺伝などの影響が多いようです。

治療法

不治の病として恐れられているがんですが、早期発見と治療行う事でかなりの確率で延命を行う事が出来るのであきらめずに治療を行いましょう。
主な治療法は4つあり、手術療法、化学療法・放射線療法・免疫療法などが挙げられます。
手術療法は外科的にがん細胞を切除する方法です、一番効果が出る方法ですが、がん細胞の大きさによって切除できなかったり、転移している場合は別の方法が行われることが多いです。
化学療法は血液がんに対して効果が出やすいです、そのほかのがんでは有効性が低いとされています。また、正常な細胞に対しても影響が出やすいです。
しかし近年はがん細胞の分子のみを標的にする、分子標的薬が注目を浴びています。 放射線療法は正常な細胞を傷つけずに腫瘍を縮小させる効果があります。
ただ、腫瘍の種類によって効果が無かったり、再度増大する可能性があります。
また、全身麻酔が必要なため、体力がない場合は治療自体が難しくなります。
免疫療法はまだまだ発展途上の技術ですが、自己免疫機能をがん細胞に発揮させて治療を行う方法です。副作用がほとんどなく他の治療と併用して行う事が多くなっています。
それぞれメリット・デメリットがあるので、相談の上で治療法を決定しましょう。

リンパ腫

猫が1番かかりやすい悪性腫瘍(がん)の代表が「リンパ腫」です。
体内に入ってきた病原体をやっつけるはずのリンパ球が“がん化”したもので、発症後、放置すれば わずか1、2か月で死亡してします怖い病気です。
リンパ系器官や組織は体中にあるため、様々な部位や内臓で発症します。
特に目立って発症するのが、胸とお腹の中である。
症状が進んでしまうと、リンパ腫で体が蝕まれてしまう前に、胸水が肺を圧迫して、呼吸困難で死亡に至ることも多いです。

院長コラム

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービスについて
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分

採用
情報
採用情報