こんな症状ないですか?

  • 口臭が強く感じる・・
  • よだれが異常に多い・・
  • ミルクなどが鼻から出てくる・・
  • 口にできものがある・・

当てはまる症状があれば病気の可能性があります。

慢性口内炎について

人間の口内炎の場合は、口内炎部分に熱いものが触れると染みて、痛みを覚えますが2週間程で自然治癒されることが多くございます。 ただし、猫の口内炎の場合は、命に関わる病気とも言われ、痛みも人間と比べものにならないくらい痛いと言われております。 ペットフードを少し噛むだけで叫び声を上げます。お腹が空いて食事をとりたくても食べられず、衰弱してしまう猫も多くいます。

症状

口臭がひどい・口がふさがらない・汚い膿のようなヨダレが出る・など、 歯が歯茎と接触するあたりで溶けて人のウエストのようにくびれる、歯頚部融解病変が見られることもあります。

原因

今も明確な原因は解明されておりませんが・・・ 免疫系の障害・猫白血病ウイルス・猫免疫不全ウイルスなどが絡み合って一つの病気を形成しております。そして、歯周病は原因ではなく悪化させる要因と考えられています。

治療法

原因がはっきりと解明していないので、様々な治療法にて試行錯誤されておりますが、思うような治療効果が出ずに猫、ご家族の皆様、獣医師など皆にとっても辛い病気と言えます。ステロイド、インターフェロン、ラクトフェリン、非ステロイド性消炎鎮痛薬などが用いられているが、歯頚部融解病変が見られるような場合には、それらでは無効なことも多く、すべての歯を抜歯する全顎抜歯が有効なこともあるのです。 また、粘膜が腫れてザクロのようになった部分をレーザーでとばす(蒸散)ことも行なわれている。大切なのは激しい痛みを放置すると痛みそのものが慢性化するため、その後に様々な治療を施し口の状態が大きく改善しても、痛みだけが一生継続するという問題なのである。口臭やヨダレがひどければ、獣医師に診察を受け、ウイルスチェックをしてもらうべきである。病状の進行と慢性化を抑えるには、早い時期からの治療が重要なのである

口蓋裂

口の中と鼻の穴を分けている「口蓋」と言われる部分に穴が空いたり、亀裂が出来ている状態、栄養失調や気管支炎や肺炎などに繋がる事も多いので治療が必要です。

症状

食べ物や水がうまく飲み込むことが出来ない、また常にくしゃみや咳などが続く、などがあげられます。生後間もない子猫であればミルクを飲ませた際に鼻から出てくるなどの症状もあるので注意深く見てあげましょう。

原因

子猫の場合は母猫の妊娠期間中の栄養障害や有害薬物の投与、感染症などが原因で口蓋裂になって産まれてくることがあります。 成猫の場合は落下や感電など、事故の衝撃で口蓋に亀裂や穴が出来てしまう例が報告されています。

治療法

裂けている部分を外科的に塞ぐ手術が多く行われています。 手術をすれば助かる確率はとても高いですが、手術を受ける事が出来ない野良猫などは、口蓋裂で命を落としてしまう子が非常に多いです。

院長コラム

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービスについて
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分

採用
情報
採用情報