眼科

「睫毛」の話

「睫毛」の話

 つけまつけま つけまつける
ぱちぱち つけまつけて
とぅ CAME UP とぅ CAME UP つけまつける
かわいいの つけまつける

 2012年最も注目されたアーティストのひとり、ご存じきゃりーぱみゅぱみゅさんの「つけまつける」の歌詞の冒頭だが、確かに街を歩くとつけまをしている女性が増えたような気がする。アイラインやシャドーを伴ってぱっちりとした目は、元来のっぺりとした日本人の顔にアニメの主人公のような愛らしさや強いインパクトを生み出しているのかもしれない。
 そのまつげ、日本語では「まつ毛」「睫」「睫毛」と表記されるが、睫毛の美容的な要素はさておき、いったい何のために存在するのだろう。

 ヒトでは、睫毛は一般的な体毛より太くて長さがそろっており、上下の眼瞼に3〜4列の幅をもって生えている毛で、上眼瞼の方が下眼瞼よりも長い。普通は反り返って目から離れる方向に曲がる。この睫毛には埃などの異物が目の中に入るのを防ぐ役割があり、上側がより発達するのもこの機能に関連している。また、接触をとても敏感に感知する機能があり、反射的に眼瞼を閉じるなどの行動に直結している。これは眼球を守るのに役立つ。それでは動物たちの睫毛はどうなっているのだろう。

 イヌ:上眼瞼にあり、下眼瞼にない。
 ネコ:発達が悪く、本当の睫毛ではない。
 ウマ、ウシ、ヒツジ、ラクダ:上眼瞼に多く、下眼瞼に少ない。

という記載がセベリン(獣医眼科学の権威)の「獣医眼科学」書にある。
 イヌには下まぶたに睫毛はなかったっけとか、そういえばネコの睫毛って目立たないなとか、言われて気付く動物たちの睫毛だが、イヌの下眼瞼やネコの上下眼瞼にあるそれなりに睫毛に見える毛は一般的な体毛と大差ないということだ。

 ネコで睫毛の発達が悪い理由は分からないが、その分、洞毛もしくは触毛と呼ばれるいわゆるヒゲが見事に発達して、眼球を守るという役目を肩代わりしているのかもしれない。
 ちなみに眉毛はヒトに独特のもので、ヒト以外の動物にはなく、ネコで眉毛の位置に生えている5〜6本のヒゲは上毛(じょうもう)と呼ばれ、上唇毛、頬骨毛、頭下毛、口角毛とともに顔の周りのヒゲとしてネコのネコたるゆえんであるあの立派な顔の印象を形作っている。

 このチャームポイントである睫毛も時には悪さをすることがある。俗に逆さ睫毛と呼ばれる、お行儀の悪い睫毛の先が角膜を刺激し、痛いばかりでなく時には角膜潰瘍などの損傷を引き起こす。睫毛の乱生、睫毛の重生、異所性睫毛など睫毛の生える方向や位置、数に問題が生じると厄介だ。それ以外にも、睫毛は正しく生えているのだが瞼(まぶた)が内側にまくれ込んでいたり(内反)、眼瞼が長すぎて波打っていたり(大眼瞼症)、眼瞼そのものの形成が悪くコシがなかったり(眼瞼もしくは眼角の形成不全)すると結局、睫毛はあらぬ方向を向いてしまう。このような場合には、睫毛の脱毛や眼瞼の形成術が必要なことも少なくない。


正常と異常な睫毛の概略図

 愛犬や愛猫が眼を痛そうに細めていたり涙が止まらなかったりすればもちろんのこと、たまには「つけまつける」でも口ずさみながら、動物たちの睫毛をまじまじと観察してみるのも良いのではないだろうか。

(文責:よしうち)






大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「ワクチンの進化は止まらない」の話
「ネコの涙の量は10秒で測る」の話
「ネコの尿比重はビーズに教えてもらう」慢性腎臓病の話
「ネコの痛みはAIに教えてもらう」の話
「イヌの不安は包帯に治してもらう」の話
・・・カテゴリー・・・
エキゾチック
ヘルニア
人と動物の関係学
内分泌
呼吸器
形成外科
循環器
感染症
整形外科
栄養学
歯科
泌尿器
消化器
猫学
皮膚科
眼科
社会事象
神経科
繁殖学
腫瘍学
行動学
診断学
遺伝
・・・アーカイブ・・・
2024年のブログ
2023年のブログ
2022年のブログ
2021年のブログ
2020年のブログ
2019年のブログ
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ
2008年のブログ
2007年のブログ
2006年のブログ
2005年のブログ
2004年のブログ
2003年のブログ
2002年のブログ
2001年のブログ
2000年のブログ

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分