人と動物の関係学

「幸せホルモン」の話

「幸せホルモン」の話

 皆さんは、「オキシトシン」という言葉をお聞きになったことはあるでしょうか。最近、色々な方面で注目が集まり、耳にすることも増えたかもしれません。

 そもそも「オキシトシン」とは、脳下垂体の後葉から分泌されるホルモンで、血流に乗り分娩時に子宮を収縮させ、乳腺の筋線維を収縮させて乳汁分泌を促すなどの作用を持つと学生の頃に習い、臨床の場では、難産などで陣痛促進剤として注射することも多く、女性特有の機能に必須なホルモンと思っていました。



オキシトシンの化学構造と立体構造

 その後、「オキシトシン」の中枢神経での神経伝達物質としての作用が注目され、男性においても、女性同様、脳の視床下部の室傍核 (PVN) や視索上核 (SON) にあるニューロンから分泌され、下垂体後葉をはじめ脳の様々な部位に作用して機能を調節していることが分かってきました。この「オキシトシン」は脳に作用すると、相手への愛情や信頼感が生まれるというのです。そんなところから、最近では、「絆ホルモン」「恋愛ホルモン」などとも呼ばれているようです。人への投与試験では、


1、親近感、信頼感が増す。
2、ストレスが消えて幸福感を得られる。
3、血圧の上昇を抑える。


 などの効果が得られていて、その結果として、心臓の機能をよくする、学習効果が上がる、長寿になると考えている研究者もいます。
 最近では、自閉症やアスペルガー症候群、また、少年犯罪の原因の一つと推測されている愛着障害などの治療の一部として、大学などの研究機関において、オキシトシンの経鼻投与が試験的に実施されているようです。まだまだ研究段階ですので、これらの疾患の治療薬として「オキシトシン」が国の認可を受けているわけではありません。でも、良好な人間関係のためには、相手に「オキシトシン分泌」を促すようにすることは大切なことかもしれませんし、自分自身が「オキシトシン」を分泌すればストレスの軽減になることは間違いなさそうです。

 それでは、どんな時に(どんな刺激で)「オキシトシン」は分泌されるのでしょう。頭をなでてあげたり、ハグをしたり、手をつないだりすること、つまりスキンシップが「オキシトシン分泌」を促すといわれています。これは何も相手が人に限った話ではなく、動物の頭をなでる、グルーミングをするといったことでも、オキシトシンの分泌が促され、その動物に対してより愛着を感じ、動物たちはその人に対しより強い信頼感を抱くことになります。動物に接していて「癒し」を感じた時、その人の脳内には「オキシトシン」があふれているに違いありません。

 人と動物が一緒に暮らすことで、人も動物もより幸せになることができる。この「人と動物の絆」の根底には、哺乳類だけが持つとされている「オキシトシン」の存在が強くかかわっています。皆さんも、動物たちとのスキンシップで「オキシトシン」の『幸せホルモン効果』をぜひ実感してみてください。

(文責:よしうち)



大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「猫はユリ、人はサプリにご用心:世界は腎毒性物質であふれている」の話
「ワクチンの進化は止まらない」の話
「ネコの涙の量は10秒で測る」の話
「ネコの尿比重はビーズに教えてもらう」慢性腎臓病の話
「ネコの痛みはAIに教えてもらう」の話
・・・カテゴリー・・・
エキゾチック
ヘルニア
人と動物の関係学
内分泌
呼吸器
形成外科
循環器
感染症
整形外科
栄養学
歯科
泌尿器
消化器
猫学
皮膚科
眼科
社会事象
神経科
繁殖学
腫瘍学
行動学
診断学
遺伝
・・・アーカイブ・・・
2024年のブログ
2023年のブログ
2022年のブログ
2021年のブログ
2020年のブログ
2019年のブログ
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ
2008年のブログ
2007年のブログ
2006年のブログ
2005年のブログ
2004年のブログ
2003年のブログ
2002年のブログ
2001年のブログ
2000年のブログ

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分