猫学

「ネコ目線」の話

「ネコ目線」の話

「目線」と聞いて思い浮かべるのは「上から目線」という方も多いかもしれません。調べてみると、やはり2008年ごろから「上から目線」という形で盛んに使われ始め、その後も使われ続けて定着が進んできたため、現在、ほぼどの辞書にも項目語として採用されるようになりました。多くの辞書では、「視線と同じ意味」ということと「その立場からの見方」という説明が記載されています。ニュアンスとして「ある立場から見た、という意味を含む視線」が「目線」ということなのです。(毎日ことば・毎日新聞 校閲センターより)

 

自分的な感覚でも、「夜道を歩いていて何物かの視線を感じる」といった用い方をしますが、この時、目線とは言いません。反対に「遠足の楽しさを子供目線で考えよう」と言いますが、子供視線とは言わないように思います。確かに「ある立場から見た視線」が「目線」で、無意識にこのような使い分けをしているものなのですね。

 

キャットフレンドリークリニックでは、待合室や受付にはキャリーケースを床面ではなく高い位置に置くためのキャリーパーキングを設けることになっています。また、ブランケットをキャリーケースに掛けてあげることも重要です。もちろん猫が感じる不安、恐怖、ストレスを少しでも少なくするためです。猫は高いところが好きで、高いところにいると安心できるからといった説明で済まされることが多いのですが、ネコになり代わってその目線で考えてみると、理解しやすいと思います。

  

(当センターキャットクリニックの受付)

 

(当センターキャットクリニックの待合室)

 

ネコの祖先は単独なわばり性の完全肉食獣です。自分から獲物のいそうな場所に出かけて行って狩りをするのではなく、自分のなわばりの中の物陰で、また木立の上で待ち伏せをし、獲物を狩るのです。移動や知らない場所を嫌い、なわばりが荒らされることには敢然と立ち向かいます。

 

通院を「猫目線」で考えると、家でのんびりと寝ていたいのに、無理やりキャリーケースに詰め込まれ、恐ろしい音のする慣れない臭いの車で移動させられ、連れてこられたところが色々な動物や薬品の臭いのする無気味な場所で、時折部屋の中からはギャーッという悲鳴が漏れてきます。キャリーから外を覗けば、知らない人や動物がすぐ近くを行き来し、時には恐ろしい目つきでキャリーの中を覗き込み、ガンを飛ばしてくる(メンチを切ってくる)オバチャンもいます。これでは恐怖以外の何物でもありません。

 

待合室では、高い位置から俯瞰して様子を眺めてもらい、移動の間の興奮を鎮めて、落ち着きを取り戻してもらいたいものです。

 

ネコが恐怖を感じた時の行動(Fear Response)は「3つのF」としてよく知られています。


    Flee(逃走)、Freeze(硬直)、Fight(攻撃)


待合室で恐怖を感じた猫を診察するのは、大変なばかりでなく恐怖の増幅に繋がることもあり、細心の注意を払いながら芸術的な手技を必要とします。

 

リラックスした猫をリラックスしながら診察できることこそ、キャットフレンドリークリニックの理想です。すべてのスタッフ、ご家族の皆さんが「ネコ目線」を理解することから、キャットフレンドリーが始まるのです。どうかよろしくお願いいたします。

 


「ボクたち目線での対応、よろしくお願いしますにゃー^^(ネコ一同)

(文責 よしうち)



大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「猫はユリ、人はサプリにご用心:世界は腎毒性物質であふれている」の話
「ワクチンの進化は止まらない」の話
「ネコの涙の量は10秒で測る」の話
「ネコの尿比重はビーズに教えてもらう」慢性腎臓病の話
「ネコの痛みはAIに教えてもらう」の話
・・・カテゴリー・・・
エキゾチック
ヘルニア
人と動物の関係学
内分泌
呼吸器
形成外科
循環器
感染症
整形外科
栄養学
歯科
泌尿器
消化器
猫学
皮膚科
眼科
社会事象
神経科
繁殖学
腫瘍学
行動学
診断学
遺伝
・・・アーカイブ・・・
2024年のブログ
2023年のブログ
2022年のブログ
2021年のブログ
2020年のブログ
2019年のブログ
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ
2008年のブログ
2007年のブログ
2006年のブログ
2005年のブログ
2004年のブログ
2003年のブログ
2002年のブログ
2001年のブログ
2000年のブログ

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分