猫学

「猫の心因性脱毛症のワケに気付いてあげよう」の話

「猫の心因性脱毛症のワケに気付いてあげよう」の話

1年のうちで最も寒い時期になりました。雪がちらつき北風がピープー吹きすさぶときには、コタツにくるまり、一緒に潜り込んでくる愛猫の顔や体を撫でながら、熱燗でもすするに限ります。

 

ふとお腹をさすった時に、妙にツルツルして手触りがよく、アレッ毛は?と、慌てて愛猫を引きずり出しお腹を確認してみると、バリカンできれいに剃毛したように、ツルッぱげ。

 

えらいこっちゃ!とばかりに皮膚をまじまじと観察しても、赤味やポツポツひとつなく、ただただ毛が極端に短いだけ、どうしたものかと思案に暮れたというような思いをされた方は少なくないことでしょう。

   

 

これは「心因性脱毛症」と呼ばれ、過度のグルーミング行動によるもので、皮膚病ではなく行動学的な問題なのです。

 

ただし、事はそう単純ではありません。

 

皮膚に炎症や発疹があれば、心因性ではなく皮膚病と考えたいところですが、心因性脱毛でも過度なグルーミングによって皮膚が傷つき、炎症を伴っているものも少なからず存在します。また、皮膚病によって痒みがあり舐めるという行動が続き、そのうちに皮膚病が治ってしまっても舐めるという行為だけが続いているような場合もあります。つまり、皮膚病なのか心因性なのか判断できない場合が多く、しかもエンドレスに続いてしまうのです。

 

大原則として、まず身体的な異常(つまり皮膚の病気がないか)の除外診断を行い、除外できた場合にようやく行動学的な問題となるのです。除外されるべき疾患には、ノミアレルギーや食物のアレルギー、糸状菌症、疥癬症、肉芽腫症などがあります。

 

そして、心因性脱毛症という診断にたどり着いたら、その対処は一筋縄ではいかないのが普通ですから、腰を据えじっくりと、諦めずに取り組みましょう。

 

動物行動学では、猫の心因性脱毛は、ウールサッキング(布や織物、プラスチックなど人工素材を吸う、噛む、摂食する行動)とともに、猫の代表的な常同行動として説明されています。

 

心因性脱毛のシナリオは以下のように考えられています。猫の正常な行動パターンとして、不安、不満、葛藤などのストレスを感じると、その軽減のためにグルーミングが始まります。ところがストレスの原因がなかなか解決されずに持続すると、次第に環境のストレスと関係なく舐める行動が持続してしまい、そのうちに過剰となって心因性脱毛に行き着いてしまうのです。品種、年齢、性別には関係なく見られ、シャム、アジア系品種では遺伝的素因があるとの指摘もあります。

 

原因となるストレスには、環境の変化(例:同居猫が増えたなど)や分離不安(例:飼主の方が留守がちなど)、身体的痛み(例:変形性関節症など)や不快感(例:下部尿路疾患など)などがあり、あらゆるストレスといってもよいくらい多岐にわたります。

 

それでも治療の第一歩は、ストレス源の特定から始めなければなりません。身体疾患がないかどうかは動物病院にお願いしましょう。その際に猫のニーズに応えることができていないことがないか相談に乗ってもらえると思います。それらしきことの目途がつけば、ストレスを減らす手を考えましょう。

 

ストレス源がよくわからなくても、頭を使う遊びは集中により不安を和らげることができますし、エネルギーの発散やコミュニケーションを増やすことで欲求不満の解消は図れますので、おすすめです。

 

エリザベスカラーや保護服という手もありますが、反対にストレスを増大させることがありますので要注意です。

 

それでも、改善がなければ抗不安サプリメントやフェロモン製剤を使用したり、皮膚の傷害がひどい場合には抗うつ剤やシクロスポリン製剤などの薬剤療法も可能ですので動物病院にご相談ください。

 

いずれにしても、猫の心因性脱毛は長丁場。治療は長期に及ぶのが普通ですから、神経質にならずに大らかに進めていきましょう。

 

「お腹がツルツルしていて触り心地がいいから毛なんて生えなくてもいいよ」と、しょっちゅう触っていたら、そのスキンシップが功を奏して毛が生えてきたなんてこともあるかも。

 

猫に寄り添う気持ちが「心因性脱毛症」の一番の治療なのかもしれませんね^^

(文責 吉内)



大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「ネコの涙の量は10秒で測る」の話
「ネコの尿比重はビーズに教えてもらう」慢性腎臓病の話
「ネコの痛みはAIに教えてもらう」の話
「イヌの不安は包帯に治してもらう」の話
「ネコの腎性貧血はニワトリに治してもらう」の話
・・・カテゴリー・・・
エキゾチック
ヘルニア
人と動物の関係学
内分泌
呼吸器
形成外科
循環器
感染症
整形外科
栄養学
歯科
泌尿器
消化器
猫学
皮膚科
眼科
社会事象
神経科
繁殖学
腫瘍学
行動学
診断学
遺伝
・・・アーカイブ・・・
2024年のブログ
2023年のブログ
2022年のブログ
2021年のブログ
2020年のブログ
2019年のブログ
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ
2008年のブログ
2007年のブログ
2006年のブログ
2005年のブログ
2004年のブログ
2003年のブログ
2002年のブログ
2001年のブログ
2000年のブログ

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分