人と動物の関係学

「イヌの不安は包帯に治してもらう」の話

「イヌの不安は包帯に治してもらう」の話

先日行われた愛玩動物看護師国家試験の予備試験のことです。試験問題のひとつに、こんな問題がありました。

「この包帯は何のために巻かれたものか」といった内容で、選択肢がいくつか示されていました。

「先生、これって分かりますか~?」と聞かれ、恥ずかしながら絶句するしかなかったのです。

これはいったい何の科目の問題で、どのような根拠から出題されたものなのか、調べずにはいられませんでした。

先ずは国家試験に準拠したテキスト。ありました。「愛玩動物学」-「動物の基本的な取り扱い」-「犬のストレス緩和法」-「積極的にスキンシップを図る」の項。

正解は「ボディラップ(バンデージ)はスキンシップのような感覚を与え、犬を落ち着かせるのに役立つことがある。」でした。

「ふ~ん」と思いながら、教科書に載っているのですから、それなりのエビデンスや背景があるはずと、さらに調べてみることにしました。

行きついたのはリンダ・テリントン・ジョーンズ先生のTタッチことテリントンタッチ。ドッグトレーナーの方たちの間では認定Tタッチのスペシャリストといえば知る人ぞ知るの存在のようです。行動学における行動治療とも異なり、ボディワークやグランドワークと呼ばれるトレーニングを通して、身体と精神のバランスを整えていくのだそうです。

ボディワークとは、動物に身体の神経を上手に意識してもらうよう導くことで、働いていない神経を呼び覚まし、正しく機能していない場合にはその機能をサポートしながら元に戻すトレーニングのことで、具体的には、さまざまなタッチを使い、緊張やこわばりのある部位を意識させ、ハッピーな身体の状態へ戻すサポートをするのだそうです。

で、ボディラップはこのボディワークのツールの一つというわけで、身体を固定して動きをサポートするのではなく、バンデージのような物を犬の身体に巻きつけることで、身体を意識させる=つまりタッチを継続的にやっている状態を作りだすということらしいのです。したがって、ラップにはとても柔らかい伸縮性のあるバンドを使い、巻く際には一切引っ張らずバンドが乗っている程度、或いは落ちない程度の圧しかかけずに巻くとのことです。

このワンちゃんは、雷におびえていて、それを緩和するためにボディラップをしてもらっています。他にも、花火の音や嵐の音、掃除機の音などを怖がる子にも効果があると言われています。

いささか商業的ではありますが、このボディラップの発展形として、サンダーシャツと呼ばれるより手軽に装着できるものも発売されていました。

「ほうっ」と思っていたら、先ほどの教科書の「動物行動学」-「問題行動と行動診療」-「問題行動治療の助けになるグッズ」―「各種不安障害」の項になんとサンダーシャツが載っていました。

教科書が進んでいるのか自分が遅れているのか、後者に違いないとガックリ落ち込んでしまいますが、そんな落ち込んだ人間の心にも、ボディラップは効果的なのでしょうか^^

(文責 吉内)


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「ネコの痛みはAIに教えてもらう」の話
「イヌの不安は包帯に治してもらう」の話
「ネコの腎性貧血はニワトリに治してもらう」の話
「肥満猫の減量は志の低さがものを言う」の話
「猫がパンティングするほど暑い」の話
・・・カテゴリー・・・
エキゾチック
ヘルニア
人と動物の関係学
内分泌
呼吸器
形成外科
循環器
感染症
整形外科
栄養学
歯科
泌尿器
消化器
猫学
皮膚科
眼科
社会事象
神経科
繁殖学
腫瘍学
行動学
診断学
遺伝
・・・アーカイブ・・・
2023年のブログ
2022年のブログ
2021年のブログ
2020年のブログ
2019年のブログ
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ
2008年のブログ
2007年のブログ
2006年のブログ
2005年のブログ
2004年のブログ
2003年のブログ
2002年のブログ
2001年のブログ
2000年のブログ

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分