猫学

「ネコの涙の量は10秒で測る」の話

「ネコの涙の量は10秒で測る」の話

乾性角結膜炎(いわゆるドライアイ)は犬に多い疾患で、その評価はシルマーテストを用いて行われます。

 

シルマーテストとは、専用の試験紙(1mm幅の目盛りの付いた、5×35mmの短冊状のろ紙)を下まぶたの耳側3分の1のところにはさみ、1分間放置して、涙で試験紙が湿った長さを測定します。

このシルマーテストはそもそも人の眼科で始まった検査で、人では5分間かけて測定します。

ならば猫では?と気になった方もおられることでしょう。もちろん、猫でも犬同様にシルマーテストを実施することは可能です。けれども猫では乾性角結膜炎が犬のようにポピュラーな疾患ではなく、なおかつ60秒間測定することの難しさは犬とは比較にならないくらい大きなものです。また、検査室でのストレスによる交感神経刺激で低値となる可能性があり、信頼できないとする意見もあります。そんなことから猫では、熱心にシルマーテストが行われることはあまりありませんが、必要のない検査かといえば、決してそんなことはないのです。

アメリカのLionel Sebbag氏らは、176頭の猫を用いて解決策を検証し、その結果がJournal of the American Veterinary Medical Association 2020年3月号に掲載されました。

実施されたのは、健康な猫を用いて交感神経刺激がシルマーテストに与える影響や60秒未満の検査が60秒の値に外挿できるかどうかを評価することでした。

 ①ストレス刺激としてシルマーテスト30秒前から計測中を通じて犬の大きな吠える声を流し、途中で ハンドシンバルによる鋭い音で刺激を周期的に増強。この時の涙液量を計測。

 ②シルマーテスト試験紙を用いて、両眼それぞれ60秒間、10秒毎もしくは30秒毎に試験紙の濡れた部分の長さを計測。

結果は、

 ①ストレス刺激後はストレス刺激前と比べて有意に心拍数が増加したが、涙液量(10秒間隔で60秒間)はいずれも有意差は認められなかった。

 ②30秒間の涙液量と60秒間の涙液量は有意に強い正の相関関係が認められた。

というものでした。これをもとに、より短い試験時間で60秒間のシルマーテストの値を予測するオンラインツールを作成し、このツールは信頼性が高いことが明らかになったと報告しています。

(公開されています)

猫でシルマーテストを実施する機会はそれほど多くないかもしれませんが、実施すべき場面で尻込みすることなく検査する勇気を獣医師にも猫にも与えてくれるオンラインツールに違いありません。60秒に到達するまでに試験紙が外れれば一からやり直していたことを考えれば夢のような話です。

「最低10秒、あとは頑張れるところまでで大丈夫やで!」と声をかければ、

「よっしゃ頑張るわ」と猫ちゃんの返事が聞こえてきそうな気がします^^

(文責 吉内)


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「人も動物も、カンピロバクターにご用心」の話
「猫はユリ、人はサプリにご用心:世界は腎毒性物質であふれている」の話
「ワクチンの進化は止まらない」の話
「ネコの涙の量は10秒で測る」の話
「ネコの尿比重はビーズに教えてもらう」慢性腎臓病の話
・・・カテゴリー・・・
エキゾチック
ヘルニア
人と動物の関係学
内分泌
呼吸器
形成外科
循環器
感染症
整形外科
栄養学
歯科
泌尿器
消化器
猫学
皮膚科
眼科
社会事象
神経科
繁殖学
腫瘍学
行動学
診断学
遺伝
・・・アーカイブ・・・
2024年のブログ
2023年のブログ
2022年のブログ
2021年のブログ
2020年のブログ
2019年のブログ
2018年のブログ
2017年のブログ
2016年のブログ
2015年のブログ
2014年のブログ
2013年のブログ
2012年のブログ
2011年のブログ
2010年のブログ
2009年のブログ
2008年のブログ
2007年のブログ
2006年のブログ
2005年のブログ
2004年のブログ
2003年のブログ
2002年のブログ
2001年のブログ
2000年のブログ

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分