2001年02月01日 腫瘍学

おできの話

おできの話

 皮膚は体のすべてを覆い尽くし、わずかに目や口、鼻、肛門といったいくつかの天然孔に裂け目を作っているだけだ。体中の組織に占める割合も多く、外界からの刺激を和らげ、体温を保持する重要な組織なのだ。しかしまた、この皮膚という組織ほど、動物の種類によってさまざまに進化した組織はない。環境への適応ということなのだろうが、魚ではウロコとなり、亀ではコウラとなり、象の皮膚と人の皮膚が同じ物とはとても思えない。犬や猫の皮膚と人の皮膚を比べても、角化層の厚み、汗腺の数、皮下織の密度など、ずいぶんと様子が違う。従って、その皮膚に起こるトラブルもまた動物の種類によってかなり多様なのである。 

  次のカルテを手に取ると、問診票にはおできができたと記入されている。この「おでき」というのは曲者だ。人と同じように、毛穴の化膿つまり毛包炎のことももちろんあるのだが、何せ、プツッと何かができていれば、たいていは「おでき」と記入されている。関西弁では「でんぼ」ともいうが、最近の若い人には通じない。何かができているから「おでき」なわけで、これはもう何でも「おでき」でOKなのだ。

  一般的に犬は体表の腫瘍の発生が多い動物だ。若い犬では、組織球腫というちょうどボタンのようなできものが顔の周りにできることがある。年をとれば皮脂腺の腺腫が多い。そのほか基底細胞腫や棘細胞腫など、これらはみな良性の腫瘍だ。腫瘍ではないいわばイボのようなものもある。しかし、肥満細胞腫や扁平上皮ガンなどの悪性腫瘍も少なくない。この肥満細胞腫はかなり厄介な代物で、FNAといって針で突いて細胞を見れば特徴的な顆粒が細胞質に見られ、あっさりと診断がついてしまう。しかし、悪性度の高いものではその時点で、肘にできていたなら「腕を落とす」位のアグレッシブな治療をしないととても命を助けられないのだが、それを理解してもらうのは、小学生に相対性理論を教えるより困難かもしれないのだ。確かに針で突いて顕微鏡をのぞいただけで、いきなり腕を落としましょうでは、この獣医は正気かと疑いたくもなる。延々と説明が続き、断脚を避けて、腫瘍の切除と化学療法の併用などの次善の策をとることもある。

  悪いものではありませんようにと祈りながら診察室に入る。見ればなんとかわいいゴールデンの子犬ではないか! うっかり患者情報の年齢を見落としていた。これなら腫瘍年齢には程遠く、少なくとも悪いものではないと一安心。

  「どこにおできができたのですか?」と聞くと、心配顔のオーナーは

  「ここなんです。」とかわいらしいおちんちんの横を指差している。

  ゴールデンは膿皮症の好発犬種だ。まして子犬ならおちんちんの周りに膿を持ったプツプツがたくさんできているのではと、良く見ると、皮膚はとても清潔できれいだ。

  「はて、いったいどれのことですか?」と再度確認すると、その指先にはおちんちんよりもっとかわいらしい乳首があったのだ。確かに、人の感覚からすればおちんちんの隣に乳首などあろうはずもない。どうやって説明すれば恥ずかしい思いをさせずにすむだろうかと言葉を選びながら、

  「それ、できものと間違える人がよくいるんですよ。」

  さらっと乳首であることを告げながら、何食わぬ顔で「しつけと食事管理」に話題を変えたのは言うまでもない。

(文責:よしうち)

大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「認知機能低下を予防する」の話
「認知機能低下を評価する」の話
「てんかん」の話
「猫の便秘」の話(その4)
「ボルナ病」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分