2010年05月01日 社会事象

「社会と動物たち」の話

「社会と動物たち」の話

 普天間基地の問題や高速道路無料化の問題などなど、挙げればきりが無いと思えるくらいに、政治が、日本の社会が混迷を極めている。経済の停滞と政治の混迷がニワトリとタマゴの問題のように絡み合い、解決の糸口さえ見つからない。明るい未来を指し示し、それを目指して頑張ろうと人を惹きつけ夢を実現できるようなリーダーはいないのかと、世の中の誰もが苛立ちを覚え、閉塞感にさいなまれている。

 こんな冬の日本海のような状況に、屈託のない動物たちの表情や仕草は、一筋の光明であり、心の救いに違いないはずなのだが、人の子供でさえ親に虐待を受け、かけがえのない命を失うという悲惨なニュースが立て続けに報道された。言わずもがなの状況が動物たちの世界にも暗い影を落としている。虐待の標的にされ、犯罪の道具に使われ、受難の日々を過ごしている動物たちも少なくない。どんな時代にもあったのかもしれない。けれどもいつまでもあり続けて良いはずはない。社会が、人が、成長すればきっとなくなると信じたい。なぜなら多くの人々にとって、動物たちは家族の一員なのだから。

 人と動物がともに暮らすことで、今の暗い世相やそこから来る苛立ちを吹き飛ばし、皆が幸福を感じる事ができるようにと心から祈りたい。

(文責:よしうち)


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「認知機能低下を予防する」の話
「認知機能低下を評価する」の話
「てんかん」の話
「猫の便秘」の話(その4)
「ボルナ病」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分