2011年01月01日 遺伝

「招き猫」の話

「招き猫」の話

新年明けましておめでとうございます。
 本年もこのコラムページ、よろしくご贔屓の程、お願い申し上げます。

 新年を迎えたとはいえ、世の中に漂う重苦しさ、世知辛さに、どうも清々しい気分とはいかない。正月の特番を見ていても、広告収入が低迷しているのだろう、安普請の番組ばかりが気になってしまうのは自分だけだろうか。

 と、ひょんなことで質問をいただいた。
 「猫の首に鈴はつけない方が良いのですよね。」というものなのだが、
その唐突さに、一瞬何を答えればよいのか言葉を失った。どっち方面から湧いてきた疑問なのだろう。鈴の音が猫にはうっとうしいからかわいそうですよねと同意を求められたものなのか、鈴の音で目立ってしまって他の猫からいじめられやすいとか・・・色んなことが頭を駆け巡るが、言葉にできそうなことは何一つ思い浮かばない。
 「んー、そのー、何を気にしてそういう風に思われたのでしょうか。」
というのが精いっぱいで、歯切れの悪さといったらこの上ない。
 すると事も無げに
「難聴になるって聞いたことがあるんです。」と、これは非常に明快な理由が存在した。
なるほどと感心するやら、鈴の音くらいの音質・音量で難聴になるものだろうかと自問するやらで、またまた頭の中は大忙しになった。
 航空機に乗務するスチュワーデスの方々(今はキャビンアテンダントの方々と言えば良いのだろうか)には騒音による難聴が職業病として認められているらしいのだが、あのジェットエンジンの音と鈴の音では相当に音量の差がありそうだ。

 猫の首に鈴というのは、昔の人が飼い猫に悪戯や盗食をされないようにという生活の智恵だったのだろう。ネズミのジェリーが眠りこけている猫のトムに鈴をつけようとして始まる大騒動、アニメの「トムとジェリー」を思い出す。
 首につけた鈴の音は、一種の環境騒音なのだから、そういう意味ではストレスになる可能性はある。不快と感じる猫はその内にもぎり取ってしまうのではないだろうか。



 一方、青い眼の白猫は遺伝的に難聴もしくは聴こえない事が多いといわれている。(一説にはオッドアイの白猫とも。)難聴の猫にとって、鈴は不快ではないので、そのまま容認していることが多いような気もする。

 つまり、鈴をもぎり取らずに機嫌よくつけている理由が難聴だったとしても、結果として鈴をつけている猫が難聴なわけで、鈴のせいで難聴になってしまったと考える人がいても不思議はないのかもしれない。

 「ということで、鈴のせいで難聴になるとは考えにくいのですが、難聴の猫が鈴を平気でつけていることで生じた誤解かもしれないという気がします。」
と説明すると、妙に納得していただけたようで、無事に一件落着したのだった。

 何事も関連付けて考えればよいというものでもないのだろうが、一旦考え始めた頭は止まらない。さらに余計なことにまで考えが広がる。

 白猫は鈴をもぎり取らないことが多いので、白猫の首に鈴というイメージが自然と沸いてくる。だから、招き猫は白猫で首に鈴をつけている事が多いのかもしれない。そういえばサザエさん家のタマもそうだったっけ。



 いやはや、新年から妙な猫談義になってしまったのだが、物事の原因と結果は時として入れ替わることもあるのだと思い知らされた。ならば、経済が悪いからみんなが重苦しいのではなく、なんとなくみんなが重苦しいから経済が悪いのかもしれない。ここはひとつ日本のために、招き猫に頑張ってもらおうか。



自分的には、サザエさん家のタマの顔を見ていたら、世知辛くとも平和な日本、憂えるのはやめて、今年も一年機嫌よく暮らして行ければそれで十分と、なぜか謙虚な気持ちになったのだった。


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「R.E.A.D.プログラム」の話
「テオブロミン中毒」の話
「ノーズワーク」の話
「ノミ・ダニ駆除剤」の話
「SFTSその後」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分