2011年06月01日 循環器

「Obesity Paradox」の話

「Obesity Paradox」の話

メタボリックシンドロームが国の医療費削減のために、あたかも確立された概念であるかのように扱われ、それこそ代謝という言葉と無縁な子供でも「メタボ」は知っているという変な世相だ。本当に肥満がすべて悪いのだろうか?「BMIが増えると合併症・死亡率が減る」という"Obesity Paradox"なる現象の存在が議論され始めている。

 Obesity paradox in patients with hypertension and coronary artery disease. Am J Med 2007 120:863-70. Uretsky S, Messerli FH, Bangalore S et al.

obestiy paradoxについて、冠動脈疾患を有する2万2576人の高血圧治療患者で検討。対象者の2.2%がやせ、20.0%が正常体重、39.9%が過体重、24.6%がclass I の肥満、13.2%がclass II〜III の肥満。

正常体重の患者を対照とし、全原因死亡、非致死的心筋梗塞、非致死的脳卒中の初回発症を検討すると、過体重、class I〜IIIの肥満で発症が少ないことが判明し、やせ患者の方がリスクがより高かった。

この結果は、血圧減少が最も少ないclass I 肥満でさえ見られるものであり、BMIは必ずしも特定の高リスク患者においては合併症・死亡率を意味するものではない。

 すべての肥満が悪いのか、改めて考え直す必要があろう。

 このような論文の発表が増え続けているという。肥満は心疾患の発症リスクを高めるかもしれないが、心疾患を持っている患者においては、肥満傾向はリスクを押し下げているのだ。良い肥満というものがあるのだろうか。肥満というだけで目の敵にするのは間違いということなのだろう。

 動物においても、既に慢性疾患を持っている動物に対する減量は慎重に考えなければならない。ムキムキの筋肉質なマッチョが決して長命ではないことを経験的に感じている獣医師はたくさんおられることだろう。美人薄命。カッコいい奴は長生きできないということが、観念的ではなく医学的に証明される日がもうすぐ来るかもしれないからだ。

(文責:よしうち)




大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「テオブロミン中毒」の話
「ノーズワーク」の話
「ノミ・ダニ駆除剤」の話
「SFTSその後」の話
「猫が伴侶動物になった訳」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分