2014年07月01日 社会事象

「遺伝子組み換えイチゴ」の話

「遺伝子組み換えイチゴ」の話

 いわゆるバイオテクノロジーの進展によって、さまざまなものが遺伝子の組み換えによって作られる時代を迎えています。遺伝子組み換え作物は病害虫に強い作物、収量の多い作物、味の良い作物などの作出という、品種改良の延長として遺伝子の組み換え技術を利用しています。また、遺伝子組み換え製剤は、より安全で安定した製剤を持続的に供給するために遺伝子組み換え技術を用いています。

 1980年代、糖尿病治療のためのインスリン製剤は、ウシやブタの膵臓からインスリンを抽出することで製造されていましたが、糖尿病人口の増加に対し、ウシやブタから抽出可能なインスリン量に限界があることから、遺伝子組み換え技術によるヒトインスリンの製造が模索され、1987年にイーライ・リリー社が大腸菌に、ノボ社が酵母菌にヒトインスリン産生遺伝子を組み込み、ヒトインスリン製剤の開発に成功しています。以降、ウシやブタという異種動物のインスリンではないヒトインスリン製剤が安定的に供給され、遺伝子組み換え製剤の時代の幕が開きました。

この遺伝子組換え技術は次のように説明することができます。


1. ある生き物から特定のタンパク質に対応する遺伝子をとりだし、
2. 別の生き物の細胞の中に遺伝子を導入し、
3. その細胞が特定のタンパク質を合成するようになる。
(結果として、細胞は特定のタンパク質がもたらす新たな形質を有するようになる。)

 あらゆる生き物において、遺伝子(DNA)・タンパク質は共通性の高い化学構造をしているので、理論的には、あらゆる生き物の間で遺伝子を組み換えることができます。

 もちろん、組み換え技術そのものや安全性の担保など、乗り越えるべき課題は限りないのかもしれませんが、それによってもたらされるベネフィットもまた無限といって良いのでしょう。

 今年になって、二つの遺伝子組み換えによる動物用医薬品が発売になりました。インターベリー(DSファーマ社)とアレルミューン(ゼノアック社)がそれです。

 インターベリーはイヌインターフェロンαを産生する遺伝子を組み込んだイチゴの果実を凍結乾燥したもので、歯肉炎の病原菌を抑制する外用剤です。
 アレルミューンはハウスダストマイトに共通した抗原=Derf2を産生する遺伝子をカイコに組み込み産生抽出したものに中性単純多糖のプルランを結合したもので、アトピー性皮膚炎に対する脱感作療法を目的とした抗原製剤です。

 とくにインターベリーは遺伝子組み換え作物の果実の凍結乾燥粉末がそのまま動物用医薬品として認可を取得したというのがユニークで、世界初の製剤となっています。
 

  数年前にイネにアトピーの抗原を産生する遺伝子を組み込む研究が不認可になった記憶があります。遺伝子組み換え作物の花粉の飛散を完全に制御できないというのが理由だったように思います。組み換え作物や組み換え微生物の自然界への漏洩、夾雑は完璧に制御されるべき問題だと強く感じます。その上で、人類や動物たちに有益な組み換え技術の確立が求められているということなのでしょう。

肥満を抑制する物質を含むお米とか、高脂血症を抑えるお酒とか、暴飲暴食人間の考えることには節操がありませんが、人類に大いなる恩恵をもたらす新規製剤の開発が、近い将来もたらされる予感がしてなりません。 

(文責:よしうち)

大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「猫の便秘」の話(その4)
「ボルナ病」の話
「R.E.A.D.プログラム」の話
「テオブロミン中毒」の話
「ノーズワーク」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分