2014年11月01日 社会事象

「老年的超越」の話

「老年的超越」の話

 ここのところ、「続・寿命の話」「長寿表彰の話」と寿命に関連した話題が続いています。今月も引き続き長寿は長寿でも「超寿」とでもいうべき「百寿者」のお話です。今現在、世界最高齢は男女ともに日本人です。さらに100歳以上の人=「百寿者」の数はこの半世紀で300倍に激増し、5万人を突破しました。多くの人が百寿者として生きる時代が、近い将来到来しそうです。そんな中、この百寿者たちの研究に注目が集まっています。80〜90歳代を境に、それまでの価値観が転換する「老年的超越」と呼ばれる現象や、想像以上に「豊かな精神世界」に生きていることなど、これまでの「老い」に対して抱いていたイメージが次々と塗り替えられているのです。

 その百寿者を1000人規模で聞き取り調査した結果、意外な事実が浮かび上がってきました。身体機能の低下にも関わらず、80代を過ぎると今の暮らしを肯定的にとらえる感情や人生への満足感が高まっていくというのです。中でも、研究者が注目しているのは、百寿者の多くが「多幸感」(ありとあらゆることに幸せを感じる)を抱いているということでした。こうした独特の心理状態は「老年的超越」と呼ばれ、住んでいる場所や家族構成にも関わらず、高齢者の多くが同じ感情を抱く傾向にあるようです。

 これを理論的に説明しようとした仮説、「老年的超越(Gerotranscendence) 理論」がスウェーデンの社会学者Tornstamによって提唱され(1989)、批判も含めた実証的な研究に火が点きました。彼の老年的超越理論の概念定義は以下のようになされています。すなわち、「物質的で合理的な世界観から、宇宙的で超越的な世界観への、メタ認識における移行である。」と。この移行に伴い、生活満足感が高まると仮定されています。

 一方で、加齢に伴う認知・身体機能の低下が見られる高齢者の増加は顕著で、寿命は長いが、多くが寝たきりで「健康寿命」は短いという現状が問題となっています。現在のサクセスフル・エイジングのモデルは認知・身体機能の維持、社会参加を中心的な要因として展開されていますが、老年的超越理論は必ずしも身体機能の維持、社会参加を重視しないため、老年的超越はもう一つのサクセスフル・エイジングとも考えられており、現在のサクセスフル・エイジングを問い直す上で重要な示唆を与えることが期待されているのです。

 これらの百寿をキーワードとした社会学的研究以上に、細胞レベルでの老化のメカニズムや病気への耐性を調べて、長寿の謎を解明しようとする生物学的な研究も盛んです。そんな研究の一つに、800人の百寿者の血液を集めて分析した結果、動脈硬化を抑える作用や糖尿病を抑える効果が認められている「アディポネクチン」と呼ばれるホルモン物質の存在が注目を集めています。百寿者ではなぜアディポネクチンレベルの低下が少ないのか、この物質がどのように作用しているのか等々、様々な研究が進められているのです。

 動物たちにおける長寿の研究はまだまだこれからですが、ヒトよりはるかにシンプルな社会性や精神活動を有する動物たちの長寿の研究にこそ、ヒトの長寿への大きなヒントが隠されているような気がしてなりません。

 診察台の上で、物おじすることなく優雅に寝そべる20歳超のネコちゃんたちを見るにつけ、動物たちにも老年的超越は存在するのではないかという確信にも似た感慨に、ネコちゃんとその飼主さんの幸福を祝福せずにはいられないのです。


(山口シジミちゃん・21歳)

(文責:よしうち)


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「猫の便秘」の話(その4)
「ボルナ病」の話
「R.E.A.D.プログラム」の話
「テオブロミン中毒」の話
「ノーズワーク」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分