2015年05月01日 猫学

「猫のライフステージ」の話

「猫のライフステージ」の話

 最近、ライフステージという言葉を耳にすることが多くなったような気がします。ライフステージとは、一生における幼年期・児童期・青年期・壮年期・老年期などのそれぞれの段階のことを指しますが、生まれてから死ぬまでの期間を象徴的な出来事で区分けしたもので、例えば、家族について区分けすれば、新婚期・育児期・ 教育期・子独立期・老夫婦期などと考えることもできます。

 これに似た考え方で有名なのは、孔子が晩年に生涯を振り返って言ったことばとして、『論語・為政』に「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず」というのがあります。平易な言葉に書き換えると「私は15才で学問を志し、30才で学問の基礎ができて自立し、40才になり迷うことがなくなった。50才には天から与えられた使命を知り、60才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、70才で思うままに生きても人の道から外れるようなことはなくなった。」というものです。

 何に着目するかで、さまざまなライフステージの区分けが可能ですが、体のコンディションに着目すれば、厚生労働省の資料(健康日本21など)では、幼年期0〜5歳、少年期6〜14歳、青年期15〜30歳、壮年期31〜44歳、中年期45〜64歳、前期高年期65〜74歳、中後期高年期75歳〜という区分けがなされています。


(厚生労働省「健康日本21」より)

 2010年にAAFP(アメリカ猫臨床家協会)とAAHA(アメリカ動物病院協会)が共同で「Feline Life stage Guidelines(猫のライフステージガイドライン)」という論文を発表しています。43ページにも及ぶ大作で、「猫の健康管理のためのライフステージガイドライン」と表現すれば、内容をよく反映していると思います。そこに掲載されているライフステージのシェーマが以下です。



前出の健康日本21や孔子の言葉と直接比較してみると興味深いものがあります。



 多少のズレはあるものの、キトン(仔猫期)が「幼/少年期」、ジュニア(年少期)が「青年期」、プライム(壮年期)が「壮年期」、マチュア(熟年期)が「中年期」、シニア(年長期)が「前期高齢期」、ジェリアトリック(老年期)が「中後期高年期」とうまく一致するのです。実によくできた年齢換算表だということなのでしょう。多少のズレは、むしろ厚生労働省が健康保険制度との絡みから、本質を歪めているのかもと勘繰りたくなってしまいます。

 猫と長年一緒に暮らしていると、2歳くらいまではやんちゃもするが、3歳からは妙に大人びた振る舞いに変わり、7歳を過ぎればふてぶてしく、10歳を過ぎれば思慮深く、15歳を過ぎて悠久の世界にひたっているような気がするのです。孔子の言葉がそれをうまく説明できているように思えるのは自分だけでしょうか。猫の擬人化もほどほどにしなさいと、お叱りの言葉が聞こえてきそうです。

(文責:よしうち)





大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「高齢動物に対する温かなケア」の話
「BCSとMCS」の話
「猫にシャンプーは必要か」の話
「認知機能低下を予防する」の話
「認知機能低下を評価する」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分