2016年04月01日 皮膚科

「痒みを断つ」の話

「痒みを断つ」の話

  「分子標的薬」という言葉を、最近、時々耳にするようになりました。何やら難しそうな名前で、余程のことでもない限り縁のなさそうな薬に思えてしまうかもしれません。

  近年の生命科学の進歩は目まぐるしく、あまたの研究者が、ゲノムレベル、分子レベルでの生命の仕組みの解明にしのぎを削っています。その成果が創薬(新しい薬の開発)にフィードバックされ、正常な細胞とがん細胞や様々な疾患を呈する細胞の違いの解析に生かされ、がんの増殖や転移に必要な分子を特異的に抑えたり、関節リウマチなどの炎症性疾患で炎症に関わる分子を特異的に抑えたりすることで治療効果が得られるような薬剤が生まれてきているのです。

  今夏、アポキル錠という商品名で分子標的薬が上市される予定です。薬剤名はオクラシチニブで、「犬のアトピー性皮膚炎治療剤/アレルギー性皮膚炎抗掻痒剤」として認可されました。

  そもそも、犬の痒みというのはどのように伝達されるのかというところから話を始める必要があるでしょう。皮膚に炎症が起きると、サイトカインなどの痒みの誘発物質が放出され、知覚神経に分布する痒みに特異的な受容体と結合します。それによって発生したシグナルが脊髄を通り脳の痒み認識領域に伝わります。(下図)



犬では、痒みを誘発するサイトカインは、主としてIL-31(インターロイキン31)だと考えられています。このIL-31が知覚神経に分布するサイトカイン受容体に結合すると、細胞内で受容体とヤヌスキナーゼ(JAK)が結合し、STATと呼ばれる細胞内シグナルを介して転写が活性化し、痒みが誘導されるのです。(下図)



オクラシチニブは、このJAKを阻害し、結果としてIL-31の働きを抑制します。
(以下作用のイメージ図)


(オクラシチニブ)


(IL-31が受容体に統合し痒みが誘導される)


(オクラシチニブがJAKを阻害し痒みの伝達が遮断)

 オクラシチニブはIL-31の働きを抑制しますが、同じ受容体に結合するそれ以外のサイトカイン(IL-2, IL-4, IL-6など)の働きにはほとんど影響を与えないことが確認されていて、極めて安全性が高いと考えられています。

  それでは効果の程はどうなのでしょうか。投与後4時間以内に効き始め、14日以内に痒みは半減するというのです。しかも、アトピー性皮膚炎の痒みであれ、どんなアレルギー性皮膚炎の痒みであれ、同じように効果を発揮し、ステロイド剤のような副作用も全くないという、画期的という平凡な言葉で表現するのもはばかられるような、夢の薬といって良いのかもしれません。

  今夏以降、国内での使用が始まり、評価は徐々に固まることと思いますが、すでに先行発売されている海外での評価は極めて高く、犬アトピー性皮膚炎治療薬として「推奨度A」とされ、治療ガイドラインに即座に記載された実績があります。

  ワンちゃん自身にもそのご家族にとっても文字通り夜も眠れぬほど辛かった痒み、獣医師にとっては副作用をにらみながら使用するステロイド療法やシクロスポリン療法の悩ましさ、これらから解き放たれるという期待感が膨らみます。

  残念ながら、猫や人では痒みの伝達に関与するサイトカインが犬とは異なるようで、痒みが専らIL-31に起因するというワンちゃんでこその新薬登場となったようです。

  眠れぬ夜からの解放間近。アトピーのワンちゃん、あと少しの辛抱です。

(文責:よしうち)



大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「R.E.A.D.プログラム」の話
「テオブロミン中毒」の話
「ノーズワーク」の話
「ノミ・ダニ駆除剤」の話
「SFTSその後」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

  月 〜 金 土・日・祝
外来 9:00〜12:00 9:00〜12:00
16:00〜19:00 13:00〜17:00
予約 9:00〜18:00 9:00〜16:00

年中無休

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分