2020年05月01日 猫学

「人の猫アレルギーを猫のごはんで解決!」の話

「人の猫アレルギーを猫のごはんで解決!」の話

20188月の本コラムで、「猫アレルギーの話」 を書かせていただきました。そして「誰もが猫を抱きしめたいと思えば、安心して抱きしめることができるような、そんな日が早く来るといいですね。」と結ばせていただいたのでした。

 

世界中でアレルギー解決のための様々な研究が続く中で、人の猫アレルギー解決のための画期的な発見がありました。なんと猫にある特殊なごはんを与え続けることで、猫のアレルゲンが大きく減少するというのです。

 

2020324日、ネスレ ピュリナ ペットケアは、世界で初めて主要な猫アレルギーの原因物質(Fel d1)を生成後に中和し、アレルゲン暴露の水準を低下することで、アレルギー反応が起こるリスクを低下させることに成功したと発表しました。

 

猫アレルギーの主要アレルゲン物質=Fel d1に関する主な事実は以下の通りです。

Fel d1)は、猫アレルギーの主要アレルゲン物質であり、猫アレルゲンに感作した人のうち最大95%でアレルギー反応を引き起こします。

Fel d1)は主に唾液腺と皮脂腺で生成され、毛づくろいの際に猫の被毛に広がり、抜け毛やふけとともに環境中に放出されます。

品種、年齢、毛の長さ、毛色、性別、体重に関係なく、すべての猫が(Fel d1)を生成します。アレルゲン物質を完全に有していない猫は存在しません。

Fel d1)の生成量は猫ごとに大きな差があり、同じ猫でも年間を通して大きく異なる場合があります。

 

この(Fel d1)と結合して中和し、アレルギー反応を防ぐことができる抗Fel d1抗体(IgY)が特定され、猫にこの(抗Fel d1 IgY)を含む卵由来の成分を使用した食事を与えると、唾液中の活性(Fel d1)の量が3週間以内に大幅に減少したというのです。

 


                                                

Fel d1)抗原です。

       

すべての猫で、(Fel d1)が唾液中に放出されています。


  

毛づくろいで猫の被毛に広がります。


 

毛に付着した(Fel d1)。


 

環境中の(Fel d1)が猫アレルギーの人に取り込まれます。

  


猫アレルギーの人の体では、表面に(Fel d1)と結合する(IgE)を多数持つmast cellが待ち構えています。<黄緑:Fel d1 黄:IgE

  


IgE)が(Fel d1)を捕捉。mast cellが反応して、ヒスタミンやロイコトリエンなどの起炎物質を放出。



 

咳やくしゃみなどのアレルギー症状が発現。



  

猫に(抗Fel d1 IgY)を含む卵由来の成分を使用した食事を与えます。



  

<黄緑:Fel d1 青:抗Fel d1 IgY



  

唾液中の(Fel d1)と(抗Fel d1 IgY)が結合。



  

2分子目の(抗Fel d1 IgY)がさらに結合。

  

Fel d1)抗原が中和され、猫アレルギーの人に取り込まれても、人の(IgE)と結合することはありません。

 

この手法では、猫は引き続き(Fel d1)の生成を継続するため、猫の生理機能に影響を与えることはありませんし、卵由来のIgY成分は、何十年もの間、人医学および獣医学で安全に使用されてきていて、猫にとって安全だということです。そして、猫アレルギーの人がこのごはんを与えられている猫に暴露された場合に、普通のごはんを食べている猫に暴露された時と比べ、アレルギー症状が大幅に減少したというのです。

 

すごい時代になってきたものです。市販の予定についての発表はありませんが、猫アレルギーの人が躊躇なく愛猫を抱きしめられる日は、そう遠くないに違いありません。

 

(文責 よしうち)


大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:16:00〜19:00(月 〜 金)
午後:13:00〜17:00(土・日・祝)
定休日
年中無休
最寄駅
出戸駅
・・・エントリー・・・
「人の猫アレルギーを猫のごはんで解決!」の話
「猫も三日飼えば三年恩を忘れニャイ」の話
「高齢動物に対する温かなケア」の話
「BCSとMCS」の話
「猫にシャンプーは必要か」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・新着情報・・・

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00

▲ 13:00〜15:00は完全予約制
※ 祝祭日は各曜日に準じる

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
地下鉄谷町線出戸駅より徒歩8分