猫学遺伝

「スコティッシュ・フォールドの折れ耳は病気?」の話

「スコティッシュ・フォールドの折れ耳は病気?」の話

1111日〜13日に福岡でFAVA(アジア獣医師会連合)の大会が開催されました。メインテーマはワンヘルスでしたが、多くのプログラムが企画され、その中の日本小動物獣医学会シンポジウム「小動物の遺伝子疾患UPDATE にも参加してきました。

 

そのシンポジウムの発表の一つに「スコティッシュ・フォールド・キャットの折れ耳は病気の症状か否か」というのがありました。スコティッシュ・フォールドには骨軟骨異形成という難治な遺伝子疾患があることは動物医療関係者であれば知らない人はありません。それがどこまで解明されているのか、今後にどのような課題が残されているのか、興味深いお話が聴けましたのでご紹介したいと思います。

 

 

スコティッシュ・フォールドはその名の通り(fold:折り曲げる)、耳介が前方に折れ曲がる外観を持ち、愛くるしい顔貌で、世界的に人気が高い猫種です。

 

動物行動学者のローレンツ博士が解説する幼児図式に折れ耳が花を添えているのですから、多くの人が惹きつけられるのも無理からぬことなのかもしれません。

 

スコティッシュ・フォールドは、スコットランドで発見された1匹の突然変異猫に由来します。この猫は耳介が前方に折れ曲がる顔貌を持っていました。この変異猫を用いて繁殖を繰り返し、猫種としての確立を目指した人たちがいたのです。しかし、ときに重度な骨障害を示す猫が生まれるため、正式な猫種として登録されることはありませんでした。ところが、折れ耳を示す猫はアメリカに渡り、ブリティッシュ・ショートヘアやエキゾチック・ショートヘアとの交雑を行い、猫種として固定され、“折れ耳の猫は正常な耳を持つ猫と交雑すると、折れ耳の顔貌を示す猫でも重度の骨障害を起こすことは極めて稀である”として、スコティッシュ・フォールドとして猫種登録されたのです(CFA)。(FIFeGCCFではいまだに未公認です。)

 

 

スコティッシュ・フォールドの遺伝子異常は、カルシウムイオン透過性チャンネルであるTRPV4 の点変異による機能獲得型変異であると報告されています。スコティッシュ・フォールドでは、変異によりこの陽イオンチャネルが活発化し、変異したチャネルをもつ細胞ではカルシウム濃度が高いことが実験的に証明されています。

 

この変異が耳介軟骨や四肢の骨軟骨で異常を起こし、表現型としての折れ耳や骨軟骨異形成を示すのです。つまり、折れ耳のスコティッシュ・フォールドは骨軟骨異常を常に発症していると考えなければなりません。

 

スコティッシュ・フォールドの骨軟骨異形成は不完全優性形質であり、優性ホモでは、手根および足根に大型の骨瘤を形成します。骨瘤は生後12 カ月で認められるようになり、生涯にわたり進行します。数年で骨瘤はかなり大型になり、やがて歩行困難を起こしてしまうのです。骨瘤を持つ個体には尾椎の癒合を認めることもあります。一方、ヘテロ接合では、前肢(指骨、中手骨、手根骨)および後肢(指骨、中足骨、足根骨)で骨の形態異常を示します。優性ホモ猫に認められる骨瘤に比べると、ヘテロ接合の猫の骨軟骨異常は軽度で、レントゲン検査をして初めて分かることもよくあります。

 


このようなことから、イギリスおよびフランス国内では品種の繁殖自体が禁止されていますが、アメリカやオーストラリア、日本では、折れ耳同士の交配を禁忌とし、「折れ耳×立ち耳」ならばと、いまだに繁殖が繰り返されているのが現状です。

 

 

ローレンツ博士のいう幼児図式の中に、「ぎこちない動き」というのがあります。これもかわいいと感じる要素の一つですが、スコティッシュ・フォールドの「ぎこちない動き」やいわゆる「スコ座り」が、骨軟骨異形成による疼痛に起因するとすれば、「かわいい」などと目を細めている場合ではありません。


 

猫の福祉向上に努める国際的なチャリティ団体「International Cat Care」(ICC)は、耳が折れたスコティッシュ・フォールドを繁殖に供することは、倫理的に容認できないという立場を明確にしています。

 

立ち耳同士の交配のみを許容し、変異遺伝子を排除してスコティッシュ・ショートヘア(立ち耳)を標準とすべきという意見もあります。

 

 

厄介なことに、すでに日本国内でスコティッシュ・フォールドとの交雑により、他の猫種でも骨軟骨異形成の発症が認められているのです。スコティッシュ・フォールドと他の猫種との交雑でも、TRPV4 変異が交雑猫に受け継がれて、折れ耳表現型と骨軟骨異形成を起こします。交雑第一世代では、TRPV4 変異はヘテロ接合になりますが、交雑種の中には骨瘤を発生する優性ホモ個体が存在します。これはスコティッシュ・フォールドと他の猫種の交雑だけでなく、交雑第一世代同士の交配が行われていることを意味しています。

 


この猫たちは2019年に保護された同腹の3兄弟です。上段:シングルフォールド(ゆるい1つの折り目)、下段左:ダブルフォールド(ぴったりした折り目)、下段右:立ち耳と、折れ耳の程度は異なりますが、スコティッシュ・フォールドの交雑種に違いありません。

 

今現在、どれくらいフィールドにTRPV4 変異が拡散しているかは不明ですが、所有者不明の折れ耳の子猫を見つけた時には積極的に保護し、確実に不妊・去勢手術を実施することが必要でしょう。そして骨軟骨異形成に対し、生涯にわたり注意を払ってあげてください。

 

実は上段のシングルフォールドの猫は、我が家の末っ子として暮らしています。3歳になった現在も骨瘤は形成されておらず、ヘテロ接合だと考えています。今後、骨軟骨異常がどの程度顕れるのかはわかりませんが、そんなことを吹き飛ばすくらいのやんちゃぶりです。

そのやんちゃを叱りながら、いつまでもこのやんちゃが続きますようにと願う今日この頃なのです^^


(ゆめ・3歳)

 

(文責 吉内)



大阪市の南大阪動物医療センター

住所
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
営業時間
午前:9:00 〜12:00
午後:13:00〜15:00(水・土を除く)
午後:16:00〜19:00(水・土を除く)
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。
定休日
年中無休
最寄駅
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅
・・・エントリー・・・
「愛猫のロコモに気付いてあげよう」の話
「スコティッシュ・フォールドの折れ耳は病気?」の話
「マイクロチップ~これだけ知っておけば大丈夫」の話
「輸送反応」の話
「Cat2VetDay」の話
・・・カテゴリー・・・
消化器
循環器
呼吸器
泌尿器
整形外科
形成外科
眼科
皮膚科
歯科
神経科
内分泌
ヘルニア
感染症
行動学
繁殖学
腫瘍学
栄養学
血液学
診断学
猫学
エキゾチック
遺伝
社会事象
人と動物の関係学
・・・アーカイブ・・・
2017年のコラム
2016年のコラム
2015年のコラム
2014年のコラム
2013年のコラム
2012年のコラム
2011年のコラム
2010年のコラム
2009年のコラム
2008年のコラム
2007年のコラム
2006年のコラム
2005年のコラム
2004年のコラム
2003年のコラム
2002年のコラム
2001年のコラム
2000年のコラム

院長コラム

VetzPetzClinicReport
Doctor'sインタビュー

・・・サイトメニュー・・・
HOME
診療案内・アクセス
施設案内
スタッフ紹介
よくある質問
協力病院
ドッグサービス
キャットフレンドリー
院長インタビュー
院長コラム
スタッフブログ
お問い合わせ
動物を飼う注意点
去勢・避妊について
ストレスについて
採用情報
新着情報
・・・手術について・・・
負担の少ない手術
手術の流れ
・・・犬の手術・・・
膝蓋骨脱臼、骨折
避妊、去勢手術
会陰ヘルニア
リハビリ
・・・猫の病気・・・
目(眼)の病気
口の病気
耳の病気
鼻の病気
呼吸器系の病気
消化器系の病気
皮膚の病気
癌、腫瘍
ヘルニア

・・・診療時間・・・

診療時間
9:00〜
12:00
13:00〜
15:00
16:00〜
19:00
  • ※祝祭日はその曜日に準じます。
  • ※年中無休です。
  • ※お電話、もしくは受付へ直接ご予約ください。
  • ※ご希望の日と時間帯、獣医師を指定して頂くことができます。
  • ※土・日・祝日に限り、予約料550円(税込)が別途必要となります。
  • ※12/31〜1/3につきましては、12/30までに事前の予約確認が必要となります。

・・・所在地・・・

〒547-0016
大阪府大阪市平野区長吉長原3-5-7
tel: 06-6708-4111
大阪メトロ谷町線出戸駅もしくは長原駅より徒歩8分